読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好奇心をそそる

子ども時代に自発性を育てる環境を与えられた人は、興味を持ったことには積極的に参加することができる。これは当然。

自発性を何らかの要因で育てられなかった人は、自らのやりたいことが分からなくなるようだ。それが一番表面化する時期が思春期。

自発性を育てるには、好奇心が必要。

好奇心を一番育てやすい環境は、何といっても自然の中だと考えている。