読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づき

それは突然やってくる。

他者と会話をしていると、それとは全く関係のない話をしている時、それはやってくる。

まさしく降臨したとでもいえるかのようだ。

意識の隙間をぬって突然頭を持ち上げてきたかのようだ。

交わるはずのないパラレルワールドが、突然瞬間交差したかのように。

君の名は。の世界にも似て。